お任せ!ポップ印刷業者6社

販促ツールの定番ポップ印刷の比較

よく店頭でみかける販促物の定番と言えばポップです。このサイトでは、ポップ印刷を行なっている会社の比較を案内しています。近年、印刷物は価格競争が激しく価格も下がっています。当サイトでは、価格のランキングを始め、ポップ印刷の仕様の案内をしています。

ポップ印刷の仕様は多種多様で、素材は紙やプラスチックがあります。ポップの形も丸や四角など自由に選べ、店頭で誰が触っても長持ちするように、どんな形でも角を丸くすることがおすすめされています。スイングポップなど、揺れる仕掛けで人の目を引きつける変わったものもあります。

当サイトでは、目的と用途から好みの仕様を選びやすいよう各社の特徴をわかりやすく表示しています。また、納期も大切な比較項目になります。価格順、納期順など、検索がかけやすいので、自分に合った会社が見つかるでしょう。

販促モア

総合評価 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス ★★★★
使いやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • お店の売上を上げるための必要アイテムです
  • ポップ印刷の種類も豊富にあります
  • 低価格、短納期、小ロットに対応

お店の売上を上げるためのツールが販促モアにあります。例えば卓上におけるミニのぼりです。こういったツールは置くところが肝心です。販促モアのサイトには、そんなヒントもたくさん情報として掲載されているので、非常に参考になります。

ポップ印刷の種類もたくさんあります。ゆらゆら揺れるスイングタイプ、お店のテーブルでよく見るスタンドタイプ、陳列棚などで目をひくブックエンドタイプ、陳列棚の一番上に大きく乗せるボードタイプのものもあるのです。

お店にとってはうれしい条件です。低価格、短納期、小ロットの三拍子が揃っています。自社生産することや、お客様の今すぐ欲しい、少しだけ欲しいの要望に応えるための企業努力が輝いています。

公式サイトはコチラ

印刷通販プリントパック

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★
サービス ★★★★
使いやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • 社内一貫生産のフルサポート体制なこと
  • 全商品がコミコミ価格で余計な追加費用がいらない
  • ほとんどの商品や配送地域は税込みと送料無料なこと

株式会社プリントパックは京都に本社を、東京と大阪に支店を構える会社です。京都本社は向日市の森本町に、東京は千代田区の神田の神保町に、大阪は中央区の備後町に活動拠点があります。会社の営業時間は本社は平日は9時から19時までで、土休日は9時から17時までです。しかし東京と大阪の場合は平日は12時から13時までは昼休み時間帯です。また日曜日と祝日は共に休業日です。土休日の場合は東京は第2と第4の隔週だけ、大阪は第1と第3と第5週の隔週が営業日です。

この会社の主な事業内容は印刷関係で、インターネット上では印刷通販プリントパックという屋号で商売をしています。そこでは年賀状やチラシやダイレクトメール、うちわやカレンダーなど季節商品など、卓上POPのポップ印刷など様々な印刷物を取り扱っています。

オリジナルのデザインによる印刷注文では平日24時まで入稿可能になっています。デザイン入稿はイラストレーターを中心として複数の種類を受け付けていますが、Microsoft Officeデータでも変換料金は無料となっています。さらに完成した商品の送料も日本全国は基本的に無料で配送されています。

公式サイトはコチラ

ビジプリ

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • ビジプリは1枚からでもPOP印刷を通販で買うことが出来ます
  • ビジプリなら3つの料金プランがあって便利です
  • ビジプリなら見積りや注文も24時間受け付けしてくれるので便利です

ビジプリはポップ印刷を通販で依頼することが出来ます。そのため必要な枚数を注文することが出来るだけでなく、コストも抑えることが出来ます。また、こちらの業者さんならサイズに関してもお探しの大きさのものを作ることが出来ます。

それからビジプリなら3つのプランがありお好きなプランでポップ印刷を依頼することが出来ます。業界最速の3時間で発送してもらうプランや、17時までの入稿で即日発送をしてくれるプラン、それから業界最安値の3日後に発送のプランがあります。

それからビジプリならポップ印刷を通販で購入することが出来るため、24時間見積りや注文の受付をしてくれます。また、のぼりや立て看板なども作成してもらうことが出来て便利です。

公式サイトはコチラ

バンフーオンラインショップ

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★
サービス ★★★★
使いやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • 即日サービスですぐに手に入れることが可能
  • 都内に実店舗が14店展開している
  • サポートセンターは24時間体制

バンフーオンラインショップはノベルティからポップ印刷まで手掛けている印刷会社です。実店舗も都内に多く展開していますが、ネット印刷通販も受け付けています。安さの秘密はデータ校正や発注を顧客自身が行うからであり、品質を落としているからではありません。

バンフーオンラインショップの特徴として24時間体制のサポートセンターが挙げられます。細やかなサービスを心掛けており、実店舗と変わらないサポートを提供するため、気軽に電話相談できるように体制を整えているオンラインショップです。

データ修正は無料サービスである「おた助」を利用することにより、ミスのない仕上がりを実現させています。ミスによる納期のズレやサイズの違い、仕上がりの質向上に役立つ、便利なサービスです。

公式サイトはコチラ

グラフィック

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★
サービス ★★★★
使いやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • 高精細印刷の実現により高い品質です
  • 一定金額以上の購入で送料無料です
  • 注文はネットで何時でも受付しています

お店のテーブルなどに卓上ポップ印刷を検討されている方は、グラフィックのサイト利用がおすすめです。ここでは注目を集める魅力的なポップを作成して、お客さんに対して高いPR効果を得る事が可能となっています。

グラフィックは高精細印刷の実現によって、満足のゆく高い品質のポップ印刷が可能です。また1000円以上の購入で送料が無料となるなどのメリットも得る事が出来ます。また商品は全て税込み表示となっており判り易い内容です。

グラフィックはポップ印刷の注文をサイトで24時間受付けしており便利です。印刷データはサイトでダイレクト入力したり、CDなどメディアにコピーして送付も可能です。また土日祝日が会社の休業日となっています。

公式サイトはコチラ

アドプリント

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • 四角すいや三角柱などの卓上ポップアイテムも豊富
  • 発送予定計算機で納期を確認することができる
  • わかりやすい価格表とオンライン見積もりもあります

アドプリントでは、名刺やはがき・チラシやポスターの印刷だけでなく、お店や飲食店で使えるようなポップ印刷の種類も豊富です。特に、卓上ポップは三角柱や四角すいなどのかわいい形のアイテムも作成できるのです。

特に納期には大変こだわりがあります。発送予定計算機というツールがあるのです。注文の受付完了日から発送予定日がすぐわかるので、この日までに欲しいという急いでいる場合も、可能かどうかを注文前に確認できるのがいいですね。

価格表も細かくサイト上にアップされていますし、見積もりもオンラインで定型フォームに入力するだけ。初めてのポップ印刷を依頼する方にもわかりやすく親切な案内がされています。

公式サイトはコチラ

目的に適ったポップ印刷を作製する

ポップを必要とするのは、個人より法人ではないでしょうか。購買時点広告、いわゆる店内のディスプレイ、価格表示板などの広告を含めたツールです。商品のイメージを膨らませるツールとなるのがポップ印刷で、購買意欲だけでなく用途はアイディア次第で無限です。形状も様々で、カウンターなどの卓上ポップや壁掛けポップなどが不動の人気を集めています。販促の役割を重視する人にとっては、そもそもポップ印刷によって効果は期待できるのか、という声も聞かれています。店頭であったり、イチ押しする商品の側に設置することによって、購買意欲を後押しする役割をしっかり発揮します。もちろん、あれやこれやと全てにポップを付ければいいとは言えません。目立つデザインの印刷、目を惹く、印象に残すことが大事なようです。目移りして迷った挙げ句、見送るケースが消費者の行動です。印刷物で注目させ、興味を持たせるだけで終わらず、欲求を起こさせるキャッチコピーが書かれていたり、記憶に残るデザインであれば、検討せずに行動に移ってくれます。そのため、ポップ印刷では印象に残る・引き付けることをポイントにおきましょう。基本は、印刷業者に任せるもので、自由設計、特に形状を決めていない場合であっても、専属スタッフと打ち合わせを行い、設計からホワイトサンプルを作り、納得できれば、製作して納品、あるいはデザインデータ作成に必要な展開図データーを納品してくれるケースもあるようです。

デザインのみをアシストして欲しいのならば、ラフを基にしたデザイン制作に印刷と加工がセットになった依頼がオススメです。また、フルデザインは企画から全てを相談できますが、印刷業者の選び方としては、店頭・店内で展示するポップは事業内容によって異なるため、実績を加味しましょう。得意とするもの、不得意とするもの、企画からならばこうした点が購買意欲に必ず繋がってきます。例えば、店頭ポップ印刷ならば、なるべく目に留まりやすい 大きなサイズで作成、オススメ商品や新商品についてアピールするケースが多いためで、新規顧客の獲得、来店・入店を後押しします。また、小さなポップの企画は店内向けで、テーブル上やレジ横などで利用することも多く、卓上ポップ印刷の企画が持ち上がる業者選びがポイントになりそうです。また、何度か依頼しているのならば、既存のデーターの簡易な修正という依頼も可能でしょうし、印刷・加工費も割引されるケースもあるようですし、印刷業者によってデーターは保管され、増刷も可能ですから印刷費のみの支払いなどの利点もあるようです。なので、満足できる業者を探しておくことは後々も有効活用・利用できる内容です。

ポップ印刷では、特殊紙も選ぶことができる他、大抵は10部ほどから作成できます。もちろん、実績を加味すれば、100部からの大部数も短納期で届けてくれるでしょう。メインターゲットに合わせたデザインにすることもポイントです。例えば、若い女の子をターゲットにするならば、 ポップで可愛らしいイメージで入店、購買意欲を促しましょう。目に留まりやすい、使ってみよう、注文してみようという気持ちを引き出すデザインがポイントになります。また、ゆらゆら揺れる動き、小さいながらも必ず目を引きます。女の子たちはこうした動きも好む傾向で、いわゆるアイキャッチ効果を謳っているわけですが、小さな情報も高い訴求力を持っているため、人気を集めているのはスイング印刷ともいわれています。ジャマにならず、伝えたい情報はしっかり目視でき、どこにでも貼れるのもポイントになりそうです。

MENU

TOPへ戻る